校舎ブログ

最後の授業2

岐阜本部校43|2018年3月15日

IMG_7146

 

本当に最後の授業になりました。

ラスト4年生は林先生、横関先生、五十川先生です。

 

 

林先生は、”スーパーリケジョ”。

確かな学力で理系を支えてくれました。

ほんわか、しっとり、それでいて芯がしっかりある先生です。

いつも控えめで、子どもたちの話に耳を傾けていました。

林先生の授業を受ける子どもたちはみんな、

丁寧かつ易しい説明で「わかった!」をたくさん味わうことができます。

的確なアドバイスと最後まで見届けてくれる責任感、愛情で

「林先生でお願いします!」と自分から言いに来る高校生が多かったです。

何かと頼ることが多かったのですが、いつも快く受け入れてくれました。

一歩引けるところが彼女自身の魅力ですね!

 

 

横関先生は、内気なシャイボーイでしたが(笑)

3年生になってから急激に成長しました。

控えめで前に出るタイプではないけれど、

チャレンジして少しずつ克服して本当に頼もしかったです。

4年間一定して時間を割いてくれて、有り難かったです・・・。

根底に”松岡先生にお世話になったこと” ”昔の先輩の教え” ”HOMESとは” ・・・。

いろんな”信念”をもっていたこと、

人の想いを分かってくれる”優しさ”があったからだと思います。

「困ったらいつでもいってくださいね!」「僕ができることなら!」と、

何度も声をかけてくれたことで精神的な支柱になってくれました。

控えめで強い”優しさ”をくれてありがとう。

IMG_7153

 

 

 

五十川先生は、”HOMESを愛し、HOMESに愛された男”(笑)

(Boom去りました?)

角田先生はじめ、いろんな先生にお世話になったことを自分の礎にし、

信念を持ち続け子どもに向き合ってくれました。

いろんなことを自分の中に消化できるまで考え、

時に耐えながら本当に頑張ってくれました。

教育実習を終えてから、ますます輝いて、ぐっとこらえるだけでなく

”伝えること”にも磨きがかかり、日々成長していく姿は頼もしかったです。

後輩たちにも、「HOMESをもっと良くしたい」という思いをぶつけてくれました。

教育に興味を持ってほしい、と教育セミナーも開いてくれました。

ちょっと不器用だけど、まめな声掛け、

1人1人に合わせたプリントづくり、

いつも生徒のために飛んできてくれる

最後まで付き合ってくれる誠実さ

挙げたらきりがないけれど・・・

本当に生徒と向き合い、生徒に愛されていた先生です。

人にも自分にも”正直に” ”素直で” 居られることが今度も彼の成長を加速させてくれると思います。

この4年間の歴史には、いつもいつも五十川先生が居ました。

「生徒といるときは本当に楽しくて・・・」と最後のあいさつで話してくれた時、

五十川先生の4年間が集約された一言だと思いました。

感謝してもしきれないほど、子どもたち・HOMESを大事にしてくれて、ありがとう。

 

 

IMG_7144

 

 

 

岐阜本部校 日比野