校舎ブログ

最後の授業

岐阜本部校43|2018年3月15日

 

最後の授業が終わりました。

高校入試結果発表前でどきどきしていますが、

授業をやり切って結果を迎えたいと思います。

 

 

火曜日は、岩田先生・安藤先生・飯沼先生・中島先生が最後の授業でした。

 

安藤先生は、ド天然ガールで予想外の発言でみんなを和ませてくれました(笑)

いつもポジティブ、笑顔で人との壁がなく、

誰とでもすぐに打ち解け、笑顔にさせる天才です。

生徒も彼女に心を全開にし、何でも話せるよきお姉さんとなってくれました。

唯一無二の個性は彼女の良さです。

分け隔てない明るさとやさしさは集団に必要な存在でした。

たくさん笑わせてくれて、ありがとう。

 

 

岩田先生はクールと思いきや、きさくな人柄が魅力のギャップ萌え女子。

(萌先生だけに)

自覚のない天然さと、飾らないところが魅力で、

「実は面白いんだ!」とみんながだんだん好きになる先生です。

自分の受験の経験をもとに、高校生の英語に特化して指導をしてくれました。

生徒の背中を押し、上手にリードしてくれましたね。

確実な英語力で、英語の事務作業も助かりました!

安心感をくれてありがとう。

 

 

飯沼先生は優秀すぎた先輩たちの背中を見て、模索し続けた4年間だったと思います。

自分にできることは何だろうか、と考えて考えて・・・。

辛くても生徒の前では笑顔を絶やさず”先生”で居てくれました。

生徒と一緒に考え、成長してきたので、その一生懸命さが生徒にもちゃんと伝わり、

二人三脚で受験を乗り越えました。当時見ていた中3はもう高3です。

久しぶりにみんな揃ったときはブランクを感じさせない3年前の空気がありました。

電話・お茶だし・模試監督など…校舎のピンチを救ってくれたのは、飯沼先生です。

4年間の答えを、胸を張って”生徒”と言ってくれて、ありがとう。

 

 

 

中島先生は、”感謝”を忘れない人です。

決して傲慢にならず、生徒に必要としてもらえること、仕事を任されること、

かけてもらえる言葉1つ1つを心に留め、感謝し、さらに深い愛に変えて

子どもたちに惜しみなく注いでくれました。

中島先生と居る時の生徒はみんな笑顔がキラキラしています。

挨拶出迎え見送り全てに子どもへの愛が込められており、

人の言葉に耳を傾け、生徒の個性を引き出す対応は彼女の努力の賜物だと思っています。

信念がある故、考えることも多かったかもしれませんが、

人に正面からぶつかる強さがあること、みんな知っています。

子どもたちの居場所をつくってくれて、ありがとう。

 

IMG_7150

 

岐阜本部校 日比野