校舎ブログ

1学期最後のサポスタ

大垣本部校|2019年7月14日

本日は、林先生が高3生向けに実施している「サポスタ」の最終日でした。

林先生が生徒たちに話してくれる内容は、独特の世界観があって面白いんです!

しかし、面白さの中にも、自分たちの過ごし方を考えさせてくれる内容が入ってるんですよね。

 

そこで、皆さんにお尋ねします。

「何かを始めても、すぐに止めてしまった経験はありますか?」

…この質問に「No」が言える子は、既に自分と向き合えていて、素晴らしいですね!

でも、ほとんどの子は「すぐに止めちゃったなぁ。」って経験をしていると思います。

 

ある意味「さぼりぐせ」という感覚は、人間誰もが持っているものです。

 

「朝から勉強するのはちょっと・・」

「遅くまで勉強してて、朝起きれないし・・」

「部活があって・・」

実際は、色々な状況や思いがあって、朝から塾に来るのは大変です。

 

そんな高3生を応援しようと、林先生が「朝9:00に自習へ来る習慣」をつけさせる作戦を考えました。

それが、今回のサポスタだったんです。

image1

私もまた、林先生の話を伺いながら、

「コツコツと頑張り続けること」

「良い習慣を身に付けること」

の大切さを学ばせていただく機会となりました。

 

 

 

いよいよ、夏休みがやってきます。

過ごし方次第で、大きく差が出てくるタイミングです。

良い習慣を身に付けていくための努力を、今から進めていきましょう!

「コツコツカツコツ」!!

 

 

ヤンキース