彦根駅前校 | HOMES個別指導学院
校舎ブログ

論理的に考える小説

彦根駅前校|2021年10月20日

勉強をしていると、割と頻繁に「論理的に考えなさい」と言われます。適当に勘で問題を解くのはさすがに良くないので、きちんと筋道立てて解くようにしなければいけないというのは分かります。

 

勉強に限らず、何かの物事を説明するときに相手にちゃんと伝わるようにするためには、論理的に話ができるようになっておかねばなりません。そして、きちんと論理的に説明されて、複雑な物事がすっきり分かったときは、なんだか自分の頭が良くなった気になって嬉しいものです。

 

私は昔から推理小説が好きで、中でも「読者への挑戦状」がついているのがお気に入りです。これは、「ここまでの文章に犯人が誰なのか分かるためのヒントは全部書いてあります。さあ、犯人は誰か、そしてどうやって犯罪を実行したのか考えてみましょう」というやつです。この手の推理小説を得意とする作家で有名なのがエラリー・クイーンです。この作家、実は二人組なのですが、その片方の誕生日が今日だったりします。

 

さて、このエラリー・クイーンの作品で事件の犯人が誰なのかを解説する「解答編」を読むと、まるで複雑な数学の証明問題の解説をしてもらっている気分になります。ちなみに、エラリー・クイーンで個人的にお勧めなのは「オランダ靴の謎」という作品です。「読書の秋」ですから、興味がある人は読んでみてはいかがでしょうか。

 

彦根駅前校 川口

中間テストのその後に

彦根駅前校|2021年10月13日

多くの学校で中間テストが終わり、ほっと一息ついている人も多いことでしょう。しかし、定期テストが終わっても、模擬試験や実力テストなどがどんどんやってきます。定期テストという大きな節目が終わると勉強しなくなる人がいますが、受験を考えると模試や実力テストの方が大事だったりします。定期テスト後も気を抜かずにしっかりと勉強を進めていきましょう。

今週末もテスト対策です!

彦根駅前校|2021年10月2日

さて、学校によっては中間テストが実施されたところもありますが、彦根駅前校に通うみんなの大半は来週がテスト本番です。

 

ということで、私も今日テスト対策で校舎に来たのですが、来る途中にいつも通っている彦根城のお堀のところにさしかかりました。

 

昨日は台風の影響で風が強かったですが、今日はそれほどでもなくて、秋らしい晴れた日ざしを浴びながら自転車を漕いでおりました。お彼岸も過ぎて秋本番だし、鈴虫とかコオロギとか虫の鳴き声が聞こえてくる時期だよなぁと思っていたら、「ツクツクボウシ!ツクツクボウシ!」と元気なセミの鳴き声が。「まだおったんかい!」と心の中でツッコミつつ、「最後まで元気に頑張ってるんやなぁ」とちょっと励まされた気持ちにもなりました。

 

来週テストの人はテスト前最後の週末です。しっかり結果を残すために、テスト本番まで勉強を続けましょう!

 

彦根駅前校 川口

天高く馬肥ゆる秋

彦根駅前校|2021年9月30日

お彼岸も過ぎて、最近はさすがに秋らしい気候になってきました。この間電車に乗っていたら、線路わきの田んぼで稲刈りをしていて、秋らしい光景だなぁとしみじみ思ってしまいました。

 

さて、秋というと食欲の秋ですね。美味しい食べ物がたくさん出てくる時期です。色々と食べたくなりますが、ちょっと注意した方がいい場合があります。心身にトラブルがあるときに特定の食べ物が欲しくなるのです。例えば疲れたときに甘いものが欲しくなったりしますね。あれは体からのサインなのです。そういったものをまとめて、休憩室になっているA教室に掲示しました!

どういうときにどんな食べ物が欲しくなるのか、そしてそういう時に本当は何を食べればいいのかがまとめてあります。テスト前で忙しい時期ですが、ごはん休憩の時にちょっと見てみるといいでしょう。

 

さて、「天高く馬肥ゆる秋」なんていいますね。爽やかに晴れた秋空の下で、馬たちがのんびり牧草なんか食べてる牧歌的な風景がイメージされます。食欲の秋を表すフレーズとしてよく登場しますが、元々の意味はちょっと違うようです。

 

この言葉のはじまりは、どうも中国の昔の詩の「雲浄くして妖星落ち 秋高くして塞馬肥ゆ」という一節にあるようです。ここに出てくる「妖星」は不吉な出来事が起きる前兆として夜空に輝く星で、「塞馬」というのは北方騎馬民族の馬のことです。

 

当時の中国では秋になると食べ物を一杯食べて元気になった馬に乗って、騎馬民族が侵略してきていたそうです。この被害は昔から大きく、あの万里の長城もこれを防ぐためのものです。つまり「天高く馬肥ゆる秋」というのは元々「秋になって騎馬民族の馬が元気になって侵略してくる時期だ。ヤバいぞ!」という意味だったそうです。

 

今では食欲の秋のフレーズとして定着していますが、今の使い方の方がのんびりしてて平和でいいですね。

 

彦根駅前校 川口

旗幟鮮明・旗色が良くなった!

彦根駅前校|2021年9月27日

「旗幟鮮明(きしせんめい)」とか、「旗色を鮮明にする」という言葉があります。主義主張や物事に対する態度をはっきりさせることです。

 

最近のニュースだと自民党の総裁選びに関する話題が目立ちますが、「自民党国会議員の◎◎さんは今度の総裁選挙で▼▼候補の支持を表明しました」なんていうことを「◎◎さんは旗色を鮮明にした」といった感じで言い表します。

 

なんでそんな話をしているのかというとですね、月日が流れた結果、彦根駅前校のHOMESの旗の色がちょっと薄くなってたんですね。そこで今日、新しいのに交換しました!

いい色です!

そうそう、戦いなどの状況が悪いことを「旗色が悪い」、逆に良くなることを「旗色が良くなる」とも言います。

 

中間テストを前にして、彦根駅前校の旗色も良くなりました。本番まで頑張りましょう!

 

彦根駅前校 川口

今週もテスト対策やってます!

彦根駅前校|2021年9月26日

先週に続き、今週もテスト対策を実施しています。

彦根東高校はテストまで10日を切ったところで、プレテストを実施しました。

その結果、今日は午前中から数学特訓を開催することになりました。C教室を「数学特訓の間」として、数学しかしない空間にして、集中してもらいました。数学だけを6時間以上やるというのはなかなか過酷だったと思いますが、これを乗り越えることで見えてくるものもあったのではないでしょうか。

明日からもまた引き続き頑張りましょう。

 

彦根駅前校 川口

今週はお休みが多いですね

彦根駅前校|2021年9月22日

敬老の日や秋分の日があり、今週はお休みの日が多いですね。中間テストまで2,3週間というところですから、ここで下準備をしっかりとやっておきたいところです。そして彦根東高校では数学の確認考査が行われる週です。これが終わると本格的な定期テスト対策の追い込みの二週間が始まります。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」というように、季節の変わり目にさしかかってきました。こういう時期は体調を崩しやすいものです。テスト対策の勉強を頑張るのはいいですが、無理しすぎないように注意しましょう。

 

お彼岸といえば彼岸花の季節でもあります。彦根城のお堀とか芹川の堤防のあたりでも沢山咲いているのを見かけます。お墓の周辺にもよく咲いていますが、これは彼岸花に毒性があるためです。毒のある植物が生えていると、モグラなどの小動物が寄ってこなくなり、お墓や堤防をほじくり返される被害が防げるのです。

 

華は綺麗ですが毒々しい真っ赤な色をしていたり実は毒があったりとかで、ちょっと怖いイメージを持たれていたりもします。彼岸花という名前からして「あの世フラワー」ですからね。

 

ところで、彼岸花は花が咲いている時には葉っぱが全くないので、どうやって育っているんだろうと不思議に思っていました。そこで調べてみると、変わった生態をしているのがわかりました。

 

彼岸花は、秋にいきなり球根から茎だけ伸びてきて綺麗な花を咲かせ、花が枯れ落ちたら葉っぱが出てくるそうです。一般的な植物とは逆ですね。冬の間に他の植物が枯れている中、日光を浴びて栄養を蓄えるそうです。春になると逆に葉っぱが枯れて、球根に栄養を蓄えた状態で秋に茎をのばして花を咲かせるまでじっとしています。

 

テストまであと2,3週間です。体調に気を付けて頑張りましょう。

 

彦根駅前校 川口

2学期開始!

彦根駅前校|2021年9月2日

こんにちは!

谷本です。

 

最近は、秋の虫の音色が心地よいですね😊

日中の暑さも随分と和らぎました。

 

HOMESでは夏期講習も終わり、いよいよ2学期の授業を再開します!👍✨

 

2学期は、特に中3や高3の方にとっては先取り学習のウェイトが大きくなり、大変な学期です💧

それは2学期の内容に加えて、3学期の内容もどんどん予習していかなければならないからです。

 

未習単元が残っていると、過去問を解きたくても解けないという状況になってしまいかねません😥

 

幸いにも高3の皆さんは、すでに夏の間に全範囲の学習を済ませることができましたので、あとは演習あるのみです!👍

たくさん演習を積みましょう!✨✨

 

中3の皆さんは、ここから踏ん張りどころですので、しっかりついてきてくださいね!😉

一緒に頑張っていきましょう!😊

 

彦根駅前校 谷本

変わり目はチャンスです。

彦根駅前校|2021年8月31日

学校によってバラバラですが、先週末から今週にかけて夏休みが終わって二学期になります。こういう時期はチャンスです。長い間会わずにいたわけですから、多少のイメチェンがあってもみんな抵抗なく受け入れてくれます。

 

これまであんまり勉強してこなかったなぁという人は、自分も周りもそれが当たり前になってしまっているので、いざ勉強するぞ!と気合を入れてみても「どうしたの?らしくないじゃん」「いつもはサボってるくせに、何かあった?」などと周りから変なものを見る目で見られ、「やっぱり自分が勉強するのはおかしいんだろうか」と疑問がわいてきて、せっかくの前向きな気持ちがしぼんでいくのです。

 

ところが、夏休み明けなど長期休暇明けは、しばらく会っていなかった人が多いので、多少変わっていても「なんか夏休みの間にあったんだね」で済んでしまい、あまり変に思われません。

 

こういう時は自分を変えるチャンスですから、これまでの自分を変えたいと思う人は、思い切って新しいキャラで行ってもいいんじゃないでしょうか。

 

彦根駅前校 川口

滋賀県も新型コロナの緊急事態宣言の対象地域です

彦根駅前校|2021年8月27日

新型コロナの中でも感染力が強いとされるデルタ株が流行しています。それもあってか、岐阜県や滋賀県も緊急事態宣言の対象地域に含まれることになりました。

 

そのため、部活が9月第1週まで自粛になったり、部活をやるところも食事を挟まないように短時間になったりしていますね。

 

彦根駅前校でも日頃から感染予防のために対策をとっていますが、家でちゃんと勉強できるという人は自宅での学習をお勧めします。

 

もちろん、ご家庭によっては色々と事情があって自習室を利用したいという人もいると思います。そういう方は9月6日までの期間中も自習室は利用できるようにしていますから、これまで通り自習室を利用してください。

 

自宅で学習するのなら、ちゃんと目標や時間を決めて効率よく勉強していきましょう。そういうときにお勧めなのがatama+です。目標までに足りないものを最短で学べます。こういう時の勉強にはうってつけですよ。

 

彦根駅前校 川口

説明会・体験授業のお申し込み、
資料請求はこちら

toへ戻る